掛川城は見ごたえあります その2

 前回の続きです。(前回はこちら

 掛川城の急な階段を頑張って降りた後は、御殿へ向かいます。この御殿は、天守のチケットで入ることができます。天守に続いてここでも靴を脱くので、着脱しやすい靴を履いていくことをお勧めします。

 

f:id:odekakefu:20181022080358j:plain

この御殿は1861年に再建され、学校や市庁舎などとして利用されてきたそうです。

畳張りで歩いていて気持ちがいいです。

f:id:odekakefu:20181022081006j:plain

 

中庭もあります。

f:id:odekakefu:20181022081235j:plain

 

掛川城もばっちり見えます。

f:id:odekakefu:20181022081436j:plain

 

ところどころに展示物もありますが、そんなに広くないのでさくっと見て回りました。

それにしても、こういう建物内に入ると、もしここに住むならこの部屋を自分の部屋にしようとか考えてしまうのは私だけでしょうか。身分が低い人用の薄暗い部屋を趣味の部屋にして、この偉い人用の部屋は寝室!とか考えるだけでも楽しいです。

 

 掛川城を後にして、そのまま今度は川根温泉まで行きます。トーマスSLで有名な大井川鉄道の線路沿いを北上すると、道の駅川根温泉があります。この道の駅は、駅名通り温泉施設があり、SLを眺めながら入ることが出来る露天風呂があることで有名です。(知らなかった)私は温泉には入らず、ここの食堂で昼食をとりました。

 

f:id:odekakefu:20181022202022j:plain

左:柚子の香きのこそば 右:天ぷらそば どんだけそば食うんだよ

 

 なるとがキュート。ちなみにこのおそば、ボリュームも凄くて1.5人分くらいはあるように感じました。左端に見切れているのはセルフのお茶で、川根茶が飲めるようになっています。ごちそうさまでした。

 

 食後は売店でみかんとしいたけを買って帰りました。

 今回久しぶりにお城を観光したら、戦国時代にはまっていた頃の気持ちを少しだけ取り戻しました。なのでとりあえず

 竹中半兵衛-秀吉の天下獲りを熱望した名補佐役-/三宅幸太郎

 密謀(上)/藤沢周平

を買ってきました。お風呂で読むぞ。